リタイアおじさんの介護とシニアライフ

名古屋市在住の70歳。要介護4(身障手帳1級)の妻を在宅介護しつつ、シニアライフをそれなりに楽しんでいます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 よろしければ上記バナーのクリックをお願いします

我が家の食費の中身を比較すると

外食費が突出しているが

本日は我が家の昨年の食費の中身をまとめてみました。

比較したのは家計調査(2023年速報)の高齢者世帯(世帯主が65歳以上の無職世帯)の平均です。下表がその結果です。(月平均、単位:円)

我が家の食費は家計調査の高齢者世帯(65歳以上の無職世帯)と比べ、8,422円ほど多くなっています。

これは外食費が高齢者世帯平均と比べ27,002円も上回っているためです。

我が家の外食費が多いのは妻が車いす生活で外出が制限されるため、身近な楽しみが外食しかないということに起因しています。我が家の外食費の位置づけは娯楽費に近い支出という感じです。

外食費を除く食費で比較すると我が家の方が18,580円少なくなります。

外食を除けば比較的つつましい食生活です。

調理食品と乳卵だけが世間並み

外食費を除く食費の内訳を比較したのが下のグラフです。

我が家が高齢者世帯平均を上回っているのは調理食品と乳卵だけです。

上回っているといってもごく少額で、目立って多い訳ではありません。

調理食品は重宝しています。私のレパートリーが少ないこともありますが、揚げ物は作らない(油を無駄に多く使うため)ことにしているのでフライ類は専らスーパーに頼っています。値下がりが始まる夕方スーパーを覗いて、安い物があればその日のおかずにすることもしばしばです。僅か二人分のためにいつも時間をかけて調理するより、出来合いを買った方が手間も省け、場合によっては安く済みます。我が家の場合は更に私の料理の腕を補ってくれます。もっとも総菜は調理食品の半分くらいで、残る半分はケンタッキーやハンバーガー、弁当類で娘たちが家にいる時に買ってきています。

乳卵はヨーグルトが4割以上を占めています。毎朝4連ヨーグルトを私と妻で1ポットづつ食べています。残り6割弱は卵と牛乳にマーガリンといったところです。卵は毎週1パック(10個入り)、牛乳も毎週1パックを買っています。

主要食材の購入は少な目

肉、野菜、魚といった主要食材は軒並み高齢者世帯の平均を下回っています。

これは妻の噛む力や握力、指の力が衰えていることに起因しています。

箸やナイフは使えず、軽いフォークとスプーンで食事をしています。

硬いものは噛みきれませんし、魚の骨を取り除いて食べることもできません。

肉は比較的高齢者平均に近い支出がありますが、4割以上は妻が食べやすいハム、ソーセージ、チャーシューといった肉加工品で占められています。純粋な肉では比較的食べやすい挽肉や豚コマ、鶏肉を買っています。豚コマでも細かく切らないと妻は食べるのに苦労しています。

魚は高齢者平均と比べてはるかに少ない支出しかありません。骨のない魚となると鮭やブリの切り身くらいしかありません。購入額の多くは練り製品や刺身類です。

野菜は肉や魚に比べれば妻が食べられないものは少ないですが、支出額は高齢者平均をかなり下回っています。これは定番の安い野菜(キャベツ、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ブロッコリー、ほうれん草、きゅうり等)しか買っていないことに起因していると思われます。その他の野菜を買っても料理する腕がありません。

その他の食材も支出は少なく

その他の食材も高齢者平均より支出額はかなり少なくなっています。

飲料や油脂調味料は半分以下です。

飲料についてはペットボトルを買わないのが大きいと思います。買っているのはインスタントのコーヒーとカフェオレ、紅茶、スキムミルク(妻が健康のため毎朝飲んでいる)といったところです。日中は妻はお湯、私は麦茶を飲んでいますので安上がりです。

油脂調味料で買っているのはサラダ油と麺つゆ、だしつゆくらいです。砂糖、塩、酢などはそんなに多くは使わないので、買うのは1年に1回くらいです。

食費については食材費は無駄なものを買わずに節約し、その分を外食に向ける(基調な娯楽です)というのが我が家のスタイルというところでしょうか。

さて、こちらが昨日の夕食の食材。午後6時前くらいにスーパーに行き値引き品を買ってきました。3品合わせて494円(税込み)。これに一昨日作った野菜の煮物をレンジでチンして終了です。手間もお金もあまりかけていませんが、これで十分です。

まぐろ刺身にエビフライ、ほたてコロッケ。価格は税前です。

実家売却に母から待った!

母は元気そうだったが・・・

昨日、妹が母の誕生日のお祝いを私に老人ホームを訪れました。

母は車いすでしたが、元気そうなようです。

その後にあった老人ホームの施設長の電話では、整形外科に行く前は「もうダメだ」という感じで大変だったようですが、診察の結果を聞くと安心して元気が出てきたようです。部屋の物を動かそうとするなど、老人ホームのスタッフさんを慌てさせたようです。

母としては突然痛みが出たので心配になったものの、原因が分かったことでホットしたのかもしれません。何せ母は60代後半に急性白血病になりながら、きつい治療を乗り越え90歳を超えても元気な人です。骨折くらいでめげる人ではありません。

母が心変わりして・・・

問題は妹が去り際に母から渡された手紙です。

これは私たちきょうだいに宛てられたもので、妹が写真を撮ってLineで送ってくれました。

要約すると

「昨年末に私に実家売却を了解したが、年が明けて大変後悔している。実家売却は止めて欲しい。実家はきょうだいでメンテナンスして欲しい。空き家がまずいなら弟に住んで欲しい。」

といった内容です。

昨年暮れにに老人ホームを訪問した際に実家売却の応諾を得ましたが、何となく心変わりしそうな気がしていました。

koichi68.hatenablog.com

当時、施設長が不在で私と母の会話を聞いていた人は他にいません。

私は母が「家を売る話を了解した覚えはない」と言うのではないかと思っていましたが、了解したことは認めたうえで、考え直して欲しいとの依頼です。

手紙の宛先がきょうだいとなっているのは、弟と妹に私を説得して欲しいとの思いがあると思われます。

その後、弟と妹に電話しました。

妹は実家の草取りをさせられているので、売却を進めて欲しいというのが本音のようです。弟はとりあえず母の意向に沿って欲しいようでした。心は優しいのですが、優柔不断なところがあり(父とそっくりです)、なるべく丸く収めて欲しいようです。

とりあえず売却を進めるつもりだが・・・

今回の母の心変わりはある程度予想していたので、私としても実家の売却方針に変わりはありません。母に実家売却を止めると言うと、母の存命中に実家を処分することが極めて困難になってしまいます。

年明けから実家の売却に向けて動き出したのも、こういう母の心変わりが頭にあったためです。既成事実を作ってしまおうという訳です。

現実には銀行に依頼するも未だ肝心の不動産業者さえ見つからない状態で、前途多難ではあります。まともな条件で売却しようとしたら10年経っても売却先が見つからない可能性が高いと思われます。

ただ、売却の動きを止めたとしても近い将来実家が「管理不全空家」に認定される可能性が高いと思われます。

その場合には土地の固定資産税負担が6倍になりますから、建物を取り壊す(建物の固定資産税だけでも減らせる)か、売却を急ぐしかありません。

急いで売却するのであれば結局建物は取り壊さざるをえないと思われ、母の要望を聞いてあげてもいつまでも実家の建物を残しておくことは困難です。

それを考えると、早めに売却に動いて数少ない売却のチャンスに賭ける方が合理的です。

結果的には母の存命中は売れなかったという可能性も高いと思いますが、それはそれで母の希望に沿うことになります。

昨日、老人ホームの施設長からも電話で心配されましたが(正月から母はこのことがずっと気になって元気がなかったようです)、上記のような話をして了解してもらいました。

解決策は母にきちんと説明することですが、今すぐ動くことはよいとは限りません。

施設長にはしばらく時間を置き、桜の咲く時期くらいに老人ホームを訪れたい旨を話しておきました。暖かくなると母の気分も高揚し、私の話をきちんと聞いてくれるのを期待しています。

去年もこの時期には老人ホームを出て実家に戻りたいという手紙がきてひと悶着ありました。また面倒な季節の到来です。

koichi68.hatenablog.com

長く閲覧されている記事もある!

アクセス解析を見ると

はてなブログではアクセス数や最近のアクセス傾向を見ることができます。

アクセス解析 - はてなブログ ヘルプ (hatenablog.com)

アクセス数はあまり気にしないようにしているのですが、ブログを書く以上はどうしても気になります。とりあえず毎朝アクセス数を確認するようにしています。

アクセス数が増えるのは嬉しいものです。

アクセス傾向を見るとどんな記事がよく閲覧されているか分かります。

はてなブログでは最近1,000件のアクセス元を保持し、訪問数が多いサイト順に表示してくれます。

私のブログの閲覧数は1日当たり200件前後ですので、直近5日間のアクセス傾向が分かります。

こちらがアクセス元の傾向です。どのサイトから私のブログにきたかが分かります。

日本ブログ村からこられる方が圧倒的に多く、全体の8割近くになっています。

その中でもsenior.blogmura(シニア日記)からこられる方が大半です。

閲覧されている記事がこちらです。

当然ながら、最近書いた記事が上位にきています。

検索サイトの力は凄い!

ブログ村以外ではGoogleやYahooという大手の検索サイトからもアクセスされています。両サイトを合わせると全体の23%にも達します。ここ1年同じような比率でアクセスがあります。

では、どんな記事が閲覧されているかというと、日本ブログ村からとはかなり傾向が異なります。

最近書いた記事ではなく、かなり前に書いた記事にアクセスがあります。

特に両サイトとも、「今日はリハビリシューズを買いにイオンへ」という記事に多くのアクセスがあります。

両サイト合わせるとこの5日間で20件以上アクセスがあったことになります。

この記事は2年近く前の記事ですがずっとコンスタントにアクセスがあります。

koichi68.hatenablog.com

1年前3か月ほどブログを休んでいた時期があるのですが、その間にも上記記事がアクセスされていました。

koichi68.hatenablog.com

コンスタントにアクセスがあるのは両サイトの記事検索上位にくるからです。

「リハビリシューズ イオン」と検索すると

リハビリシューズ イオン - Google 検索

「リハビリシューズ イオン」の検索結果 - Yahoo!検索

両サイトとも1ページ目に出てきます。

私としては、この記事は大した内容ではないので、こんなに閲覧されるとは思いませんでした。

大手検索サイトの力には改めて感心させられた次第です。

ちなみに昨年もリハビリシューズの記事を書いたのですが、こちらには継続的なアクセスはありません。さすがに二匹目のドジョウはいません。

koichi68.hatenablog.com

なお「ピロピロ笛はリハビリに効果あり」という記事もよくアクセスされますが、これもGoogleで「ピロピロ笛 リハビリ」と検索すると上位にきます。

koichi68.hatenablog.com

ちなみに「リタイアおじさん」とGoogleで検索すると本ブログが最初に出てきます。

何か嬉しい気分になります。

経理関係の記事もまた書こうかな?

過去に書いた記事がしばしば閲覧されるのは嬉しいことです。

google、yahooの閲覧状況を見ていると「修繕費は税務調査のターゲット」という記事が数は少ないながらも両サイトで閲覧されています。

koichi68.hatenablog.com

こちらはブログを始めた2021年に書いた記事ですが、この頃は経理関係の記事も時々あげていました。

最近は介護や日常生活の記事がほとんどで経理関係の記事は一昨年以降は書いていません。

当初は経理や経済、宇宙や歴史の話を書こうと思って始めたブログですので、たまにはこの分野の記事も書いてみようかなと思っています。

私のブログをよく閲覧していただいている方には興味のない分野と思いますが、お許しください。

訪問診療の費用

訪問診療の費用は?

母が入居している介護付き老人ホームでは、昨夏に協力医療機関が変わりました。

従来は数キロ離れた場所で開業している医師が老人ホームに来て入居者を診断していました。

それが昨夏に訪問診療に特化したクリニックに代わりました。

前の先生はほぼ毎週診察に来てくれたようですが、新しい先生は月2回の訪問となりました。(訪問診療は月1回か2回の訪問が一般的なようです。)

その代わり24時間、365日の緊急対応をしてもらえますので、万一の時に安心です。

気になったのは訪問診療の費用です。訪問医の説明資料では保険医療費、看護保険費用、交通費を合わせて4千円くらいとのことでした。

先日、訪問診療の請求書・領収書が纏めて届いたので、早速中身を確認してみました。

直近の費用をみると、昨年11月が8,048円、12月が2,868円となっています。

12月の2,868円がベーシックの費用のようでその他の月も2,868円の時が多くなっています。

中身は在宅医療費(医療保険適用)が1,750円、居宅療養管理指導費(介護保険適用)が518円、交通費が600円(保険適用外、1回300円)となっています。

11月が多かったのは血液検査を実施したこと(1,173円、医療保険適用)に加えインフルエンザワクチンの予防接種(4,000円、医療保険適用外)をしたためです。

血液検査については母に何か問題があって実施したのか、入居者に定期的に実施しているのかは不明です。今後も定期的に実施してくれるのであれば病気の早期発見にもつながるので、ありがたいと思っています。(ちなみに私はかかりつけのクリニックで年2回、妻は大学病院の定期受診の際に3か月毎に血液検査をしています。)

いずれにしても通常月は2,868円で月2回老人ホームで診察を受けられるので助かります。

妻と比べると、老人ホームでの訪問診療費用は格段に安い

妻は老人ホームではなく自宅で月2回訪問診療を受けています。

妻の場合は医療保険適用分が名古屋市から全額補助されるので、自己負担分は介護保険(居宅療養管理指導料)分の596円で済んでいます。交通費の負担もありません。(交通費を徴求するかどうかは訪問診療機関の判断によるようです。)

もし名古屋市からの補助がないとすると在宅医療費として7,176円(自己負担1割として)を支払わなければなりません。

同じ月2回の訪問診療でも自宅で診療を受ける場合と、老人ホームで診療を受ける場合では在宅医療費が大きく異なります。老人ホームだと四分の一で済んでいます。

これは同じ建物で診療する患者数によって医学総合管理料が異なるためです。

下記資料の34ページに料金表があります。

PowerPoint プレゼンテーション (zaitakukaigo.nagoya)

妻の場合は患者数一人でかつ重症患者となります(在宅自己導尿を行っている)ので5,400点が基準となります。これに訪問診療料が1回毎に888点加算されています。

母の場合は重症患者ではなく、機能強化型・病床なし・10人以上が適用されて管理料は1,100点をベースに支援加算を含めて1,325点となります。これに1回毎に213点の訪問診療料が加算されています。

訪問診療は個別訪問のため移動時間が多く診られる患者数に限界がありますが、老人ホームだと1か所で何人も診られるので報酬が少なくなっているようです。

もちろん病気や怪我をすれば別途費用がかかりますが、クリニックや病院に行かなくても料人ホームで定期診察が安価な費用で受けられるのは助かります。

洗濯物に糸くずが・・・

糸くずに悪戦苦闘

妻が倒れてからも洗濯は長女に任せていましたが、昨年夏に長女も引っ越したため、私が洗濯もしています。

昨年末、いつものように朝洗濯機を回し洗濯物を干そうとしていると・・・

洗濯物に糸くずがいっぱい付着しています。

干した後、糸くずを落とそうとしましたが、簡単には落ちず苦労しました。

調べてみると、洗濯機に元々付いていた糸くずフィルターが取れてしまったのが原因のようです。

とりあえず応急措置として洗濯ネットに洗濯物を全て入れて洗うようにしました。

これで糸くずが付着することはなくなりました。

ただ洗濯ものの種類毎にネットに入れるのは面倒です。洗いあがりが何となく皴が多いような気がします。

百円ショップに糸くずフルターが売られていましたので購入してみましたが、うまく洗濯機に取り付けられません。

新しい洗濯機に買い替えることも検討し家電量販店に行ってみましたが、通常の縦型の全自動洗濯機でも6~7万円はします。洗濯機本来の機能には問題がないので、新たに買うのも勿体ない気がします。

トリセツを調べてみると

いろいろ考えましたが、ふと「取扱説明書」を見ればヒントが見つかるかもと思い立ちました。(もっと早く気付くべきでしたが・・・)

お手入れのページに糸くずフィルターの欄があり、裏表紙を見ろとあります。

裏表紙に別売品として糸くずフィルターが記載されていました。500円+税と書かれています。

シャープのホームページで買えそうですが、とりあえず「糸くずフィルター シャープ」で検索すると、amazonで売られていることが分かりました。

いろいろな品番が売られており、我が家の洗濯機フィルターの流通コード2103370490の品も買えるようです。

純正品ではなく代用品の扱いで値段は940円(税、送料込み)と純正品より高いですが、手軽にすぐに手に入るのでamazonで注文しました。

二日後に現品が到着

据え付けも簡単でした。

翌日、早速洗濯ネットを使わずに洗濯機を回してみましたが、糸くずは付いていません。

しばらく使い続けないと安心はできませんが、とりあえずやれやれというところです。

新米主夫は慣れないことも多くいろいろ疲れます。

母が骨折との電話が・・・

今度は老人ホームから電話が・・・

前回、老人ホームから大きな封筒が届いたことをお話ししました。

すると昨日、今度は老人ホームの施設長から突然電話がかかってきました。

数日前から母が体に痛みを訴えていたため、昨日整形外科に連れていったとのことです。

母は老人ホームの職員さんに対し自分は脳梗塞ではないかという話をしていたようです。(根拠は不明ですが本で読んだのかもしれません)

とりあえずカロナールを服用して痛みを抑えていたようです。(たまたまですが、妻も関節リウマチの痛みを抑えるために最近カロナールを服用しています。)

骨粗鬆症で骨折しているとの診断が・・・

成形外科の診断結果は骨粗鬆症による骨折とのことです。

「骨粗鬆症(骨粗しょう症)」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる (joa.or.jp)

上記サイトによると、「骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です」と書いてあります。

母は今月で93歳になります。骨粗鬆症になったのは年齢も影響しているような気がします。

昨日の電話ではどの部位を骨折したかまではきちんと聞けていません。

骨粗しょう症とは/骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ (iihone.jp)

上記サイトでは骨粗しょう症により骨折しやすい部位は、背骨(脊椎椎体)、脚の付け根(大腿骨近位部)、手首(橈骨:とうこつ)、腕の付け根(上腕骨)などのようです。

母の骨折の原因は分かりませんが、転倒した訳ではないようです。骨粗鬆症により骨がもろくなると、つまずいて手や肘をついた、くしゃみをしたなどのわずかな衝撃で骨折してしまうことがあるようなので、母もちょっとしたことで骨折してしまったのかもしれません。

成形外科では薬が処方され、痛みも少し和らいできたようです。

施設長からの連絡に続いて母も電話に出ました。

声を聴く限りでは、気持ちは元気そうです。

これからは車いすで生活することが多くなりそうですので、介護してくれる人の言うことをよく聞いて、無理をしないようにと伝えておきました。

介護付き老人ホームに入居していたのが不幸中の幸い

骨粗鬆症はがんや脳卒中心筋梗塞のように直接的に生命をおびやかす病気ではありませんが、骨粗しょう症による骨折から、介護が必要になってしまう人も少なくないようです。

一人暮らしで転倒してしまうと発見が遅れて大事に至ることも多いようです。

母の場合は2年前から老人ホームに入居していたので早期に痛みを訴え、大事に至る前に病院の診断を受けることができました。もし実家での一人暮らしが続いていたら、転倒した場合、発見が遅れて重症化し長期入院となる可能性が高かったと思います。

早めに老人ホームに入ってくれてよかったと思います。

今後については骨折の状況がよく分かりませんので何とも言えませんが、転倒リスクを考えれば車いす中心の生活になると思われます。トイレについてはポータブルトイレを使って用を足せるようなので、都度職員さんを呼ぶ必要はないとのことでした。

母の入居している老人ホームは介護付き老人ホームなので24時間体制で介護をしてもらえます。サービス付き高齢者住宅や住宅型有料老人ホームでは個別に業者と契約する必要があり限界があります。

介護付きを選んでよかったと思っています。

1年前は母が実家に戻りたいと言い出したこともありなだめるのが大変でしたが、もう実家には戻れません。本人も老人ホームのありがたみを身に染みて感じていると思います。

 

koichi68.hatenablog.com



老人ホームから郵便物がいっぱい届いた!

老人ホームからの封筒を開けたら

昨日、母の入居する老人ホームから封筒が届きました。

老人ホームからは毎月、利用料と介護保険の請求書が送られてきますが、通常は小さな封筒です。

それが今日はA4サイズの大きな封筒で、中身もふっくらしています。

早速封を切ると、封筒がいっぱい入っていました。(下の写真)

封筒の中身です。

全て母宛ての郵便物です。封も切られていません。

母は一昨年の暮れに住所を実家から老人ホームに移したので郵便物は全て老人ホームに届きます。

母が封を切って中身を確認することなく、そのまま保管していたようです。

年明けに年末調整関係の書類が届いたので今までの分と合わせ、老人ホームの管理者にお願いして、請求書と一緒に私に送ってもらったようです。

中身はお前(私)が確認してくれということのようです。

母のお金のことは全て私が確認していますので、やむをえません。

封筒の中身を整理すると

早速、中身を整理してみると、こんなものが入っていました。( )内は送付元です

〇2月の老人ホームの利用料と1月の介護保険サービス利用分の請求書領収書(老人ホーム)

利用料は129,000円、介護保険サービス利用料は24,834円で口座振替により引き落とされます。

利用料は毎月同額ですが、介護保険サービス利用料は日数により異なります。

高額介護サービス費の利用により母は月額15,000円が上限で、払いすぎた分は後日浜松市より振り込まれます。

〇昨年分の公的年金源泉徴収票日本年金機構

年間の年金額456,847円、社会保険料控除33,593円で手取りは423,254円と記載されています。改めて年金額が少ないなあと実感しました。

〇昨年の後期高齢者医療保険料納付額のおしらせ(浜松市

年間12,500円でした。

〇医療費のお知らせ(静岡県後期高齢者医療広域連合)

一昨年12月から昨年7月迄の医療費の明細です。自己負担額は24,710円でした。

浜松市電力ガス食料品等価格高騰重点支援給付金支給のお知らせ(浜松市

母の口座に7万円が入金されるようです。手続きは不要と書いてあります。母の年金は少ないので助かります。

〇高額介護サービス費支給決定通知書(3通、浜松市

昨年9月から11月まで3か月分

〇医療費の請求書、領収書(4通、訪問医)

昨年の10月から12月迄の請求書、及び7月分から11月分迄の領収書が入っていました。

各月毎に封筒に入っていましたが、発行日をみると7~9月分の領収書は11月15日が発行日となっており、まとめて届いたようです。

〇薬代の領収書及び薬局運営会社変更のお知らせ(薬局)

12月分と1月分の薬代の領収書がまとめて入っていました。

薬局の運営会社が変わるとのことで、お知らせが入っていました。

介護・医療の領収書は大事な資料

確定申告書、介護保険サービス・医療費・薬代の領収書は確定申告で使えますが、母は年金額が少なく税金は源泉徴収されていませんので、確定申告は不要です。

ただ医療費・薬代の領収書については高額介護合算療養費制度で必要になってきます。

国民健康保険で受けられる給付/浜松市 (city.hamamatsu.shizuoka.jp)

母は住民税非課税世帯に該当しますので介護費用・医療費用(いずれも保険適用分)合わせて年間19万円が自己負担限度となります。

母の介護保険サービス費は毎月実質負担が15,000円になりますので年間自己負担額は18万円、医療費(健康保険適用分)が年間1万円以上であれば上限に達します。

計算期間は前年8月1日~今年7月31日迄で、給付を受けるためには申請が必要になります。母は前年7月から11月迄で訪問診療分だけで10,645円を支払っていますので、今年分が上限をオーバーするのは間違いありません。

国保で受けられる給付(高額療養費・高額介護サービス費合算療養費)について知りたい/浜松市 (city.hamamatsu.shizuoka.jp)

なお前年分(前々年8月~前年7月)も上限に達していたとみられますが、まだ申請していませんでした。

時効は2年と書いてありますので、8月になったら今年分と前年分を合わせて申請しようと思っています。

それまで領収書は大切に保存しておかなけれなりません。