リタイアおじさんのシニアライフ

69歳、リタイア後は自適の生活ができると思いましたが、要介護5の妻を支える毎日です

熱は下がってきたが・・・

熱は下がってきた

コロナに罹患して、私は6日目、妻は7日目です。

本日朝体温を測ると、私も妻も36度台で平熱迄下がりました。

昨日も朝は36度台でしたが、私も妻も日中は37度半ば近く迄体温が上がることがありました。

本日はこれまでのところ36度台をキープしていますが、用心するにこしたことはありません。

私は時々咳が出ますが、食欲も回復し、ここ数日普通の生活が送れるようになりました。

妻の介護はもちろんですが、コロナ患者3人分の食事の支度や洗濯等も毎日しています。

妻は食欲不振で・・・

一方、妻の場合は熱は下がりましたが、まだ体がだるそうで、ベッドで眠っている時間も長くなっています。またお腹の調子が悪そうでトイレにもしばしば連れて行きます。

食欲もなかなか回復しません。いつもの半分も食べられません。

このあたりの原因は薬からきているのかなと思っています。

昨日の朝服用した薬がこちら

下はラゲブリオカプセル、上の錠剤と比較すれば大きさが分かります。上の箱はエンプレル

錠剤6錠に粒剤2袋、これにコロナ治療薬ラゲプリオカプセルが4錠

服用したら、エンプレル(リウマチ治療用の生物学的製剤)を注射しなければなりません。

ちなみに昼はラゲブリオの服用はなく薬は3錠で済みますが、夜になるとリウマチ用の薬9錠に加えラゲブリオを4錠服用します。

ラゲブリオはコロナ治療薬として処方してもらいましたが、結構大きなカプセルでこれを1度に4錠飲むのも大変です。

ラゲブリオは昨年末に特例承認された薬です。

211224 モルヌピラビル承認プレス (mhlw.go.jp)

しかしこの薬、副作用にも注意が必要です。薬局の方が薬を届けてくれた際は「下痢を起こすことがありますから注意してください」と言われました。

添付の資料にはこんなに副作用が記載されています。

こちらのサイトには、「胃腸障害や神経系障害などの副作用に留意を」と書かれています。

gemmed.ghc-j.com

妻の場合、今のところはっきりとした下痢は1回だけです。

ただ先ほど触れたようにトイレに連れて行く回数が増えたり、食欲が衰えているのはラゲブリオの影響かと思われます。

また一緒に飲むリウマチ薬がステロイド系のプレドニゾロン(朝夕2錠づつ服用)など副作用も大きいものが含まれています。1度にたくさんの薬を飲むことが胃腸の負担になっているかもしれません。

とはいえ、基礎疾患を持つ妻が重症化を免れ、快方に向かっているのは、この薬によるところが大きいと思われます。誰にでも処方される薬ではないので、処方されただけでもありがたいと思わなくてはなりません。

ラゲブリオの服用も今日までです。(処方されるのは5日間分です。)明日からは飲む薬の量が減るので、胃腸の負担も軽くなり、食欲が戻ってくることを期待しています。

私も体重は減りました

私もコロナの発症日(29日)には、昼、夜と何も食べられませんでした。

翌日からは少しづつ食欲も回復、今は普通に食べられます。

ただ、胃腸になるべく負担をかけないよう、食べる量はある程度抑えています。

冷蔵庫にあるもの(残っていたもの)を使って食事を作っており、料理のレパートリーは限られます。ありあわせのもので凌いでいるといった方が正しいかもしれません。

次女(我が家で唯一コロナ非感染)には、最低限必要なものだけ買いに行ってもらっています。

一昨日はカレーを作りました。朝昼夕と火を入れることで三日間の夕食が賄えます。

体重はコロナで一気に3kg近く減りました。

最近体重が増え気味でご飯の量も制限していたので、図らずもダイエットができた格好です。

体重の月平均推移

お酒はコロナになってから控えています。自宅療養中は禁酒です。

お酒好きなので、療養期間が明ければまた飲み始めるつもりですが、10日間も禁酒するのは胃腸にとってよいかもしれません。